by milfordsound
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:ドラマ鑑賞( 1 )

2夜連続、白虎隊を見ました
ハワイレポの途中ですが、2夜連続放送された「白虎隊」に感動したので、
今日はそのことを書きます

会津には、個人的に修学旅行と、家族旅行で行ったことがあり、
そのたびに白虎隊について聞かされていたので、ドラマも見てみたくなったのです。

今回は、白虎隊の中で、途中で仲間とはぐれ、そして生き残った
酒井峰治を中心としたストーリーでした。
酒井峰治さんは、仲間とはぐれた後、自刃を決意するのですが、
そこで奇跡的に愛犬クマに出会い、生きることを決意したそうです。
その後、鶴ヶ城へ戻り、生き残ったのですが、近年酒井さんが書いた「戊辰戦争実歴談」が
発見されたそうです。

ドラマもそのあたりのことも描いていました。
メインの役どころは皆ジャニーズの面々で、
そのあたり、実はあまり期待していなかったのですが、
予想以上に皆立派に演じきっていたように思いました。
特に主役の山下智久君の演じる酒井峰治は、すごく新鮮で、
いまどきこんな若者がいたらなあ、なんて思ってしまったほど!

ならぬものはならぬのです

何度もこの言葉が出てきましたが、会津では昔からこのような教育が徹底されていたようですね。
「ならぬものはならぬ」かあ、なんか思いっきり背中をバシッと叩かれた気分です(笑)
挨拶ひとつにしても、掃除にしても、食べ方ひとつとっても、
ならぬものはならぬ、なんですね。
いろんな意味で気合を入れられた感じがしました。

そして、白虎隊の自刃のシーンは、知っていながらも、泣けてしまいました。
それまでのやんちゃで、元気いっぱいのシーンが対照的で
考えてみると、昔から日本は戦いの繰り返しだったんですよね。
白虎隊は、飯沼貞吉さんがその後伝えたけど、それ以外にもこんな悲劇がたくさんあったんだろうなと思うと胸が痛みます。
今の世の中、本当に平和なことに感謝したいです。
そして平和な中でも、やはりならぬものはならぬ、忘れてはいけないことがあることを心に留めておきたいです。
[PR]

by milfordsound | 2007-01-08 22:24 | ドラマ鑑賞